7月13日からの3日間 325キロの旅が終了いたしました

まずはじめに、
各会場のオーナーご夫妻様、そしてMIKA応援団の皆様、ご来場の皆々様、湯沢市でのライブを実現までサポートしてくださった 布目さんはじめUGOで出会った皆々様、
そして「実家だと思ってうちに泊まりなさい」と仰ってくださった横手市かふぇ花野のマスター、ママ、宣伝活動でご協力くださったラジオ局の方々、雑誌、新聞社の方々、本当にありがとうございました。
皆様のサポートなしではこのツアーは実現することは出来ませんでした。


今回のツアーは昨年より心待ちにしていたツアー。
学び・喜び・感動・憧れ・踏ん張り・必死・・・・・・・いろんな言葉が浮かんできます。
でも両手を大きく広げて喜びの歌を歌うことができた。

ピアニスト二村希一さん、2017-07-16-19-06-01
トランペッター伊勢秀一郎さん。2017-07-16-19-05-56

私にとっては、雲の上の存在のお2人です。
そんなお2人と3日間同じステージに立ち、音楽を作れたこと。
これはジャズの神様からのGIFTだと思っております。
なんとか気持ちだけでもお二人の世界、音楽に追いつけ追いつけとがんばりました。
歌い手としては、まだまだです。
でもお2人から教えていただいたことを決して無駄にすることなく、次のステージに昇りたいと思います。


2017-07-16-20-16-03
それでは、各会場のレポを(珍道中も少々)
まずは初日、仙台ジャズミーブルースノラにて。こちらは今回のアルバムのプロデューサーでもあります 佐々木孝夫さんのお店での初日。たくさんのご来場でした。
なんと佐々木さんからご来場のみなさんにシークレットのプレゼントとして、缶ビールやソフトドリンクが振舞われ、全員で乾杯でした
この日はべーシスト岩谷真さんが参加してのステージでした。
私はかなり緊張しており、まだまだだな・・・という反省のスタートでした。
ここからすべてがスタートしたわけです・・・

2017-07-14-17-18-41
2017-07-14-17-54-27
そして翌日は、朝ごはんを3人でゆっくりと頂き、湯沢へ出発。
お写真がないのですが、鬼首経由での移動途中 川渡のおいしいそばカフェ 田伝 で十割そばを堪能。
そして、14日の宿へ。
冒頭でも書きましたが、以前2回ほどライブで呼んで頂いた 横手市増田にありますかふぇ花野のママとマスターから耳を疑うような?!電話が。
「ツアーの時の宿は? 実家だと思ってうちに皆さん泊めなさい」と。 でもホント、私の中では心安らぐ実家のような存在の場所、そしてマスターご夫妻。「ありがとうございます!!ぜひ泊めてください!」ということで、こんなノスタルジックな場所がお宿に。

2017-07-14-16-17-55
2017-07-14-16-17-45
2017-07-14-16-17-19
同年代の男子3人で話に花が咲いていました^^
そして、1本向こうの通りが蔵の街ということで、プチ観光。
伊勢隊長の提案で、吉永小百合さんのJRのPRポスターに対抗???
↓ これは本物のポスター。
2017-07-14-15-33-20
そして、隊長。
2017-07-14-15-32-58
二村さん
2017-07-14-15-33-12
じゃお約束で。
2017-07-14-15-32-37
そしてツアー二日目 湯沢市ラッシュライフへ。
もう!!このジャズ酵母たっぷりの空間がたまらない!!そしてマスターのさり気ないお気遣い、ママの優しさに包まれ。。。。プラス 満員御礼と横手、湯沢、羽後のスイングしている皆さんが加わり、本当に幸せな一夜となりました。
本編最後の曲では店内に広がる愛たっぷりな空気に涙してしまいました。
2017-07-14-19-06-15

2017-07-17-12-23-14
秋田の写真家 熊谷忠浩さんに素敵なお写真をたくさん撮影いただきました。
2017-07-16-15-25-03


2017-07-16-08-13-37
ラッシュライフマスターと秋田の歌姫 Hirokoさんと共に。
2017-07-14-23-29-47
打ち上げではセッションも!
2017-07-14-23-35-50
と、まだまだアップしたいお写真がたくさんありますが、湯沢の夜はこの辺で。。。。
そして、最終日は私の地元栗原市 ジャズカフェ コロポックル。
コロポックルでは5月6月とライブが続き、7月も・・・となると・・・・という話でしたが、直前になり満員ということになりました。
2017-07-16-08-09-46

日を増すごとに何かが少しずつ形になっていった。そんな事を生意気ながら、感じた最終日でもありました。
今回、二日目からは伊勢さんと二村さんのデュオの世界を前半と後半に作りました。
止まりそうなほどゆっくりのAlone Together や 伊勢さんのオリジナル「暴走自転車」も。

そして、最終日も打ち上げで随分暴走しました 笑
2017-07-16-20-15-36

たくさんのお客様から、懐かしいアメリカを感じる。温もりを感じる。はたまた、今までで一番良かった。なんてお言葉も頂き、地味にでも理想の音、絵を思い描きがんばってきて良かったと思いました。
次のツアーのご提案が昨日届き、もう天にも昇るような思いでおります。実現しそうですよ!

とは言え、ホントにまだまだ。これからまた日々精進し、いい歌い手を目指したいと思いました。
3日間、という短い時間でしたが、耳に心に残る音を大切に、日々歌っていきたいと思いました。
伊勢秀一郎さん、二村希一さん、そして出会ったすべての皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。
バンザ~イの3日間でした。

さて、そろそろこれからのスケジュールをアップいたします。